敏感肌とはどういうことか?

敏感肌とは、ちょっとしたことで肌トラブルを起こしやすい性質の肌のことをいいます。

なぜそうなるのかというと、角質の水分保持能力が低下していて、外部からの刺激に弱くなっているからです。角質層の全脂質の40~60%を占めているセラミドという成分が不足すると、敏感肌になりやすくなります。

セラミドが不足すると、バリア機能が低下して、炎症を引き起こしやすくなり、結果的に敏感肌になってしまうのです。角質の水分を保持する力が弱く 水分を保持できない状態で、外部からの刺激に弱い状態になっているので、敏感肌の人は保湿を重点的にする必要があります。

基本的に、敏感肌はアレルギーなどの体質が原因になっていることが多く、そうした体質の人は、刺激物質が角質層の内部に侵入すると過剰に反応して、皮膚が炎症を起こしてしまうのです。

ストレスによっても敏感肌は起こりやすく、現代社会はストレス過多になっています。ストレスから敏感肌へと移行することもあるので、十分に注意しなければなりません。敏感肌にならないようにするには、日頃から、ストレスをためないことが一番です。